建築用語③

こんにちは058.gif

本日はすごしやすいお天気ですね058.gif
しかし花粉症の私は、目がかゆくてかゆくて大変です;><
なので、今日は息抜きに、第三回建築用語勉強会を行いたいと思います017.gif
私が最近聞いた用語で、なんだろうと思ったものを中心にやっていきますが、
おつきあいいただけたら嬉しいです001.gif


・仮囲い
→建築工事現場の防犯や安全、また、風を遮って内外の塵埃を避け、有害な音が外部に伝わるのを防ぐために設ける高さ2m以上の防護板。

・掘削(くっさく)
→地盤や岩盤を掘り取ったり削り取ったりすること。また、掘って穴をあけること。

・スペーサー
→鉄筋のかぶり厚さの確保のために、型枠や捨てコンクリートと鉄筋の間に差し入れ、間隔を確保するための仮設材。

・京壁
→日本固有の材料、工法による伝統的な塗壁のひとつで、京都を中心に発達した上塗り技法による壁。上塗りには、聚楽土などの色土に石灰や麻の繊維などを加えたものを用いる。一般的には、きめ細かい、ざらざらした素材感の仕上げを京壁仕上げと言い、京壁の中でも特に聚楽土をつかったものを「聚楽壁(じゅらくかべ)」と呼ばれています。

・海鼠壁(なまこ壁)
→土蔵造りの外壁仕上げとして、正方形の平らな瓦を張り付け、目地を漆喰でなまこ形(半円形)に盛り上げたもの
a0147391_1714593.jpg


初めてなまこ壁という言葉を聞いた時は、どんな壁だろうと思ったのですが、よく見る上の画像の壁だったのだとわかり、うれしくなりました043.gif

本日もおつきあいいただきありがとうございます040.gif
また第四回目も予定していますのでよろしくお願いします056.gif
[PR]
by nikko-kensetsu | 2013-02-28 17:23 | その他

ドリームハウスができるまでと、日常のちょっとした風景


by nikko-kensetsu
プロフィールを見る
画像一覧