地鎮祭について

こんにちは058.gif

前回、地鎮祭の様子をお伝えしましたが、地鎮祭は実際どのようにやるのか?準備は?という疑問が湧きあがったので、今回は地鎮祭の準備する物や流れについて勉強をしたいと思います!017.gif

地鎮祭とは何か、というのは以前勉強したのですが、おさらいです001.gif

地鎮祭:住宅・その他各種建造物の新築や改築、増築および土木工事の始まりに際して、その土地の守護神(大地主神様)と、地元の氏神様の大神様をおまつりして神様の御恵を頂き土地の平安堅固と工事の安全を祈願するお祭りです。

●地鎮祭の時に準備する物
・真竹…四本(芯は切らずに、枝は上だけ残す)
・縄…約十二メートル(六間)
・砂
・スコップ
・杯…参列者の人数分
【お供え物】
・米…一升(桝かお皿にのせて下さい)
・酒…一升
・魚…尾頭付き(お皿にのせて下さい)
・こんぶ又はわかめ
・野菜…季節のもの三種類ぐらい
・果物…季節のもの三種類ぐらい
・塩…小皿に山盛り
・水…徳利又はコップに一杯
・酒…徳利又はコップに一杯(四方のお清め用)

《大前神社 おおさきこよみ  参照させていただきました》

●地鎮祭の流れ
一般的な地鎮祭の流れになります。

・開式の辞: 参列者が所定の座に着席後、祭典を始める旨告げる。
・修跋(しゅばつ):祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
・降神(こうしん):祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
・献饌(けんせん):神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。
・祝詞奏上(のりとそうじょう):その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
・四方祓(しほうはらい):土地の四隅をお祓いをし、清める。
・地鎮(じちん):刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)等が行われる。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。
・玉串奉奠(たまぐしほうてん) :神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
・撤饌(てっせん):酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
・昇神(しょうしん) :神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。
・閉式の辞(へいしきのじ): 地鎮祭終了を告げる。

地鎮祭の時間はおおよそ1時間くらいだそうです。

a0147391_1529025.jpg

[PR]
by nikko-kensetsu | 2013-05-24 15:33 | その他

ドリームハウスができるまでと、日常のちょっとした風景


by nikko-kensetsu